トップページへ
 
お問合せ info@peace-hiroshima.org
被爆ピアノ コンサート申込 被爆ピアノ プロフィール 被爆ピアノ コンサートスケジュール
 
被爆ピアノプロフィール(矢川ピアノ工房所有)
「ピースピアノプロフィール」プリント用ページ
1.ヤマハ アップライトピアノ(ミサコのピアノ)
製造 昭和7年 製造番号18209
形状 85鍵 象牙鍵盤 現在のU1の大きさ
被爆状況 広島市中区千田町 爆心地より1.8Kmの民家で被爆
経緯 被爆ピアノ所有者より、矢川光則へ託される。
平成17年7月から矢川ピアノ工房所有となる。
現状 被爆当時のままであるが、演奏は十分出来るように、 修復をされ、コンサートで使用されている。
2.ヤマハ アップライトピアノ(ニューヨークへ行ったピアノ)
製造 昭和13年 製造番号33918
形状 85鍵 現在のU1の大きさ
被爆状況 広島市南区宇品地区 爆心地より3Kmの民家で被爆
経緯 広島市中区国泰寺町 個人の所有者より、矢川光則へ託される。
平成10年2月から矢川ピアノ工房所有となる。
現状 被爆当時のままであるが、演奏は十分出来るように、修復をされ、コンサートで使用されている。
※2010年 ニューヨークで演奏されました。
3.ホルゲル(HORUGEL) アップライトピアノ(カズコのピアノ)
製造 昭和15年 製造番号 13596  
形状 88鍵 象牙鍵盤 2本ペダル 高さ129cm
被爆状況 広島市南区段原山崎町 爆心地より2.6Kmで被爆
元の持ち主である和子さんとピアノが自宅にて同時に被爆
経緯 平成21年5月13日 所有者より、矢川ピアノ工房へ託される。
現状 被爆当時のままであるが、演奏は十分出来るように、修復をされ、コンサートで使用されている。
4.ヤマハ アップライトピアノ
製造 大正9年 製造番号 9817
形状 85鍵 象牙鍵盤
被爆状況 広島市中区舟入川口町 爆心地より1.5Kmで被爆
元の持ち主とピアノが自宅にて同時被爆
経緯 広島市中区の所有者より、矢川光則へ託される。
平成26年4月2日から矢川ピアノ工房所有となる。
現状 被爆当時のままであるが、演奏は十分出来るように、修復をされ、コンサートで使用されている。  
5.ヤマハ セミコンサート・グランドピアノ
製造 不明  
形状 88鍵 6本脚 1本張弦方式(総アグラフ)
被爆状況 広島市西区 爆心地より2Kmの小学校で被爆
経緯 広島市中区のピアノ教師の所有者より、矢川光則へ託される。
平成16年5月から矢川ピアノ工房所有となる。
現状 昭和21年に広島のピアノ工場で、大がかりな修復を行う。
演奏は十分出来るように、修復をされ、コンサートで使用されている。  
戻る  
Copyright (C) 2009-2015 peace-hiroshima.org All Rights Reserved.